2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過保護に育てすぎたかなぁ


朝からビャービャー出せ出せ!とうるさく

肩の上でご機嫌に歌をうたいまくり
悪戯をするチャンスを虎視眈々と狙っている・・・・


そんなくーたんを見ると

「今日も元気だね。」

と、毎朝ホっとするワタシ。



201308Qoo05
 



今でこそ、こんなにも元気でたくましくなりましたが・・・





2011年の3月11日のあの大地震の翌月、原因不明の嘔吐に襲われ
くーたん は生死の境を彷徨って10日ほど入院した事があります。

(地震のショックとストレスで、体調を崩したペットが続出だったと、病院の先生に言われました。)


あのときは、嘔吐をした直後に連れて行った鳥専門の病院で酷くいい加減な扱い受け、
2日もしないうちに衰弱。
適当な診療と治療しかしてもらえず
どんなにお願いしても、助手の人が電話でしか対応してくれず

このままじゃ死んじゃう!と3日目に駄目もとでかけこんだ別の病院の先生に
どうしてこんなになるまで放っておいたんですか!と怒られ
どんなに手をつくしても助かる確率は五分五分ですから
それを覚悟で入院させてください。と厳しい診断を下され

毎日2回、電話での様態確認と
病院へ足を運び・・・
先生方の熱心な看護の末に
無事に生還してくれた
そんな過去があります。
 

そんなわけでついつい過保護に育ててしまいました。




さて、そのいい加減な病院はというと

鳥専門の病院・・・ということで
ネットで見た評判を信用し、
近所にあるということで訪れた
女医さんが一人で診療している病院でしたが

診療時間も短くて
鳥に無理やりを飲ますのはよくない。
と、嘔吐どめを水に入れる事しか支持してくれず
嘔吐がおさまらない!といくら電話しても
今日は休診日だから・・・と電話で留守番の人の指示しかもらえず
入院もさせてもらえず
(今となっては入院しなくて本当にヨカッタけど)

  このままじゃ、死んでしまいます!

と、訴えても
入りの水を飲むのを待ってください。
と、何もしてくれなかった病院です。

一か八か・・・という気持ちで、
さっさと見切りをつけて本当にヨカッタ。


やっぱり腹が立つのは
毎年、今でも年賀はがきが届くという事。

ただ名簿に名前が残ってるからなのでしょうが・・・・
今も元気なこの子がいるって知ってか知らずか。
おそらく、くーたんはもういない。と思われているのかもしれませんし、


あんなに苦しんでいた くーたん を助けて欲しいと訴えた事すら、
覚えてもいないのかもしれません。







スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://5zipper.blog13.fc2.com/tb.php/3-314ceece
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ねぇねぇ、あのね。 «  | BLOG TOP |  » はじめまして!

プロフィール

atlantean

Author:atlantean

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

くーたん Profile (6)
365日 (5)
未分類 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。